Skip to content

人材育成を成功させる秘訣とは?企業別の取り組み事例5選

※画像はイメージです

働き方が多様化する現代では、人材育成は企業の未来を左右する大切なミッションです。
さまざまな場所で人手不足という言葉を見聞きしますが、画期的な取り組みによって人材育成を成功させ、課題を解決している企業も多く存在します。激変する時代にも成長を続け、競争力を保っている企業では、どのような人材育成の手法を取り入れているのでしょうか。働き方が多様化する現代では、人材育成は企業の未来を左右する大切なミッションです。
本事では、4社の成功事例を紹介します。御社の人材教育のヒントになれば幸いです。

人材育成における重要なポイント

※画像はイメージです

人材育成において重要なのはその目的を明確にすることです。当メディアでは人材育成の目的を以下の3つに定義しています。

・新入社員の即戦力化
・離職の防止・新入社員の即戦力化
・経営ビジョンの共有

人材育成を成功させるために、目標や計画の立て方についてポイントをまとめた記事を参考にしてみてください。
これらの目的を達成するためには、人材教育を「現状把握」「目標設定」「育成手段選定」の3つのフローに分解し、各フローでそれぞれの最適解を選ばなくてはなりません。
リンク:人材育成を成功させるポイントとは?目標設定と計画立案について解説

人材育成の成功事例紹介

※画像はイメージです

事例1:タレントマネジメントでリーダーを育成|武田薬品工業株式会社

武田薬品工業は、国内製薬業界のリーディングカンパニーであり、世界市場でもメガファーマとして台頭している企業です。そのため、グローバルに活躍する優秀なリーダーを育成すべく、独自のタレントマネジメントシステムを構築しています。

同社が人を育てるうえで大切にしていることは、有能なタレントを「発掘する」「育成する」「抜擢する」という3つです。上級職に就くための年齢制度を設けず、30代半ばには複数部門を束ねられる能力を身につけられるよう、優秀な人材を早くから育成しています。個々の特質に合わせた育成プランによって、長所を伸ばして短所を補う方針です。

また、敢えてチャレンジングなポジションに抜擢することで、社員のモチベーションを上げる体制も確立されています。具体的には、管理者層を対象に語学力や経営的視点を養う「拓(ヒラク)」や、入社10年程度の潜在能力の高い社員を対象にした「挑(イドム)」という研修を行うことで、世界を舞台に活躍する人材を育成しています。

ポテンシャルの高い社員にフォーカスし、適切なポジションに抜擢するタレントマネジメントシステムは、国内における同社の代表的な事例です。

事例2:クラウドファンディングで若手社員が新規事業を創出|東洋紡株式会社

東洋紡は、繊維製品を中心に高耐熱フィルムや再生医療、バイオ、化学製品など多角的にビジネスを展開する企業です。従来のトップダウン型の経営体制では、組織の規模が大きくなればなるほど新規事業も生まれづらくなりますが、同社では若手社員が積極的にイノベーションを創出しているそうです。

同社は、クラウドファンディングプラットフォーム「makuake」と協働し、「みらい人財塾」というプロジェクトを立ち上げました。「みらい人財塾」は、若手社員で編成され、6チームに分かれて新規事業案を作成、クラウドファンディングによって商品化を狙うプロジェクトです。
若い社員のアイディアが、実際のプロジェクトとして稼働するシステムのため、人材育成にもっとも必要といわれる「経験値」を飛躍的に伸ばすことができます。新規事業の創出と人材育成を同時に行うことができる、画期的な試みといえるでしょう。同社は、クラウドファンディングプラットフォーム「makuake」と協働し、「みらい人財塾」というプロジェクトを立ち上げました。「みらい人財塾」は、若手社員で編成され、6チームに分かれて新規事業案を作成、クラウドファンディングによって商品化を狙うプロジェクトです。

クラウドファンディングは単なる資金調達の手段にとどまらず、人材育成プログラムとしても機能します。企業や事業の新たな可能性を探る時に、クラウドファンディングが選択肢の1つとなりそうです。

事例3:1on1ミーティングでコミュニケーション|ヤフー株式会社

ヤフーでは、上司と部下とのコミュニケーションの手法として「1on1ミーティング」を採用しています。1on1ミーティングとは、上司と部下が1対1の面談を行うものですが、ヤフーの1on1ミーティングが特徴的なのは「週に1回30分」という高頻度で行われる点です。


画像引用:ヤフー株式会社 TRAINING育成・研修

週ごとに目標(PLAN)を立て、それに即した職務経験や研修を行い、上司がフィードバックを施すことで経験学習のサイクルを効果的に高められる仕組みです。1on1ミーティングは、「経験」を最重視する人材育成の哲学に根ざした手法であると共に、自発的で創造的な人材を育てるという視点からも有用です。
従来型の会議に行き詰まりを感じている場合は、1on1ミーティングのようなコミュニケーション手法を導入することで、解決の糸口がつかめるかもしれません。

shouinを導入して人材育成に動画を活用

人材育成に、動画を活用した2社の事例をご紹介します。

事例4:きちりホールディングス

きちりホールディングスは、さまざまなジャンル・ブランドの飲食店を展開し、常に業界へ新風を送りこんでいます。2,000名を超える従業員が在籍しているため、教育に関して一定のクオリティを担保することや、育成担当者の人的リソース不足などの課題がありましたが、新入社員教育に動画育成プラットフォーム「shouin」を導入することで、社員育成に関する課題を解決しました。

例えば、「スパークリングワインの注ぎ方」などの実務研修を動画で行ったところ、参加者全員の習得内容が統一されました。その後、店舗からもポジティブな日報が上がってきているそうです。

事例5:ミュゼプラチナム

美容脱毛サロン業界において7年連続店舗数、売上1位を達成しているミュゼプラチナムでは、採用後に5週間にわたって行う社内研修において「shouin」を活用しています。

研修期間中の新入社員の様子を把握できるようになったほか、研修の進捗が可視化され、研修情報を一元管理できるようになるなど、大きな成果が上がっています。新入社員からは「先輩トレーナーにフォローしてもらっていると実感でき、モチベーションにつながった」という声も上がっています。

社員教育にも効率化、スピート化が求められる時代において、即戦力となる社員の育成は、企業の業績を左右する重要なミッションであるといえます。「shouin」は人材育成の課題を解決し、生産性が向上する革新的なツールです。

参考:shouin 導入事例
リンク:shouin 資料の無料ダウンロードはこちらから

まとめ

人材育成を成功させる秘訣として、5社の事例を紹介しました。いずれも既存の考え方から脱却し、新しい価値を創造するための試みであると同時に、個人の可能性と情熱を信頼する「人」にフォーカスした内容である点が特徴的です。

人材育成ツールを取り入れたりフローを再構築することで、生産性向上や社員のモチベーション向上につながるでしょう。今回ご紹介した成功事例を参考に、御社にフィットした人材育成方法を検討してみてはいかがでしょうか。

人材育成コスト50%を叶えるクラウドサービス
shouinの資料はこちらから

Categories

人材育成

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。