Skip to content

eラーニングのメリット・デメリットと選ぶ際のポイントを解説

※画像はイメージです

多くの企業が導入している「eラーニング」は、人材育成の手法として主流になってきています。これからeラーニングの導入を検討している方は、研修の代わりの有効な手段として機能するのかという点が気になるのではないでしょうか。

eラーニングにはさまざまな種類があるので、メリットを最大限に活かすサービスを選定するには、選ぶ際のポイントを押さえておくとよいでしょう。本記事では、eラーニング導入におけるメリット・デメリットを解説し、サービスを選ぶ際に重視したい4つのポイントをお伝えします。

eラーニングとは?

※画像はイメージです

eラーニングとは、研修をおこないたい内容に沿ったテキストや動画、アニメーションなどの学習教材を、インターネットを介して学習する仕組みです。近年はネット環境の整備が進み、タブレットやスマートフォンなどのモバイル端末が充実したことで、多くの企業が人材育成にeラーニングを取り入れるようになっています。

eラーニングのメリット

多くの企業が取り入れているeラーニングには、どのようなメリットがあるのでしょうか。企業の視点、受講者の視点に分けて、それぞれのメリットを解説します。

企業が導入するメリット

企業がeラーニングを導入するメリットは、主に5つあります。

学習スペースの確保が不要

eラーニングは、スタッフのパソコンやタブレット、スマートフォンを用いて学習するスタイルなので、研修場所や学習スペースを確保する必要はありません。これらのデバイスがあればどこでも利用でき、自宅や通勤中にも学習することが可能です。研修場所のレンタル費用やスタッフの移動にかかる交通費などが削減できます。

時間に縛られない学習が可能

eラーニングは動画を再生すればいつでも学習できるシステムです。メンターやトレーナーといった指導者と学習者の時間を合わせる必要がないため、業務の間などでも学習を進めることができます。

個々の能力に合わせた学習

同じ内容の研修をおこなう場合、学習者のレベルによって理解度が変わってしまうという問題があります。eラーニングでは、分からない箇所や深く学びたいシーンを繰り返し閲覧することで理解を深めることができます。そのため、個々の能力や理解度に合わせた効率的で柔軟な学習が可能となります。

育成コストの削減

講師などの人件費、研修場所のレンタル料、学習者の移動や宿泊費用など人材育成にはさまざまなコストがかかります。しかしeラーニングを導入すると、これらの費用を削減できるため、企業の費用削減につながります。また、一度動画を作成してしまえば何度も利用可能なので、翌年以降の人材育成に活用できる点もメリットのひとつです。

進捗管理・分析ができる

多くのeラーニングサービスは、学習者の学習状況を確認することができます。対象のスタッフごとの学習意欲や理解度を把握できるので、人事評価や育成計画立案時に役立てることが可能です。サービスによってはスキルチェックやトレーナーとのコミュニケーション機能もあるので、これらを活用すればさらなる学習効果の向上につながります。

受講者のメリット

次に、受講者側からみたeラーニングのメリットをお伝えします。

いつでもどこでも学ぶことができる

eラーニングは、受講者にとっても時間や場所に縛られない点がメリットとなります。タブレットやスマートフォンで動画を再生すれば、自宅や通勤中の交通機関が学習スペースに早がわり。効果的な学習を後押ししてくれます。休憩中や業務の空き時間などを有効活用することにもつながります。

モチベーションアップ

閲覧状況を確認しながら学習を進められるため、「半分まで終わった」「あと少し」というように、自身の学習意欲を高めることができます。どれくらい理解しているのかを復習したり、スキルチェックやクイズによって理解度を客観的に把握したりすることで、モチベーションを刺激し、より高い目標に向かって学習を継続することができます。

eラーニングのデメリット

デバイスの制限がある

eラーニングはパソコン、タブレット、スマートフォン、DVDなどを用いるため、これらの動画再生可能なデバイスをそろえる必要があります。多くのスタッフはスマートフォンを利用している可能性がありますが、eラーニングサービスによってはパソコン環境が必要であったり、MacやAndroidに非対応であったりする場合もあります。

ネットワーク環境が必要な場合も

動画をクラウド上で提供しているeラーニングサービスでは、インターネット環境が必要になります。クラウド上でおこなうeラーニングは、オフラインでは再生できない、回線状況により円滑に学習が進められない、というリスクを想定しておかなければなりません。

eラーニングを選ぶ際に重要な4つのポイント

※画像はイメージです

ここからはeラーニングサービスを導入する際に、重要なポイントを4つお伝えします。

1.動画作成をサポートする体制があるか

eラーニングの魅力は、動画による直感的な学習ができる点ですが、実施するためには学習内容に応じた動画を作成しなければなりません。初めてeラーニングを導入する際には、動画作成からアップロードするまでの工程が、シンプルで難しくないサービスを選ぶことがポイントです。
具体的には、撮影した動画を用意するだけで簡単にアップロードでき、システム上でドラッグとクリックだけで編集や字幕がつけられるなど、シンプルな操作で作業が完了するサービスだと安心です。

2.分析機能が充実しているか

動画学習の効果を高め育成計画に活用するためには、学習状況の進捗確認や分析機能がついていることが重要です。どこまで閲覧したのかだけでなく、視聴回数や利用率、店舗や事業所ごとに分析できる機能があれば、eラーニングの効果が高まり、経営目標などにもデータを活かすことができます。

3.学びの楽しさにつながるか

学習意欲を高めることも重要です。受講者にとって自ら学びたい、学習することが楽しいという状態を作り出せれば理想的です。そのためにはeラーニングサービス内に、楽しくなる工夫が必要になります。クイズなどを用いたゲーム性のある復習、ポイントやアイテムが得られるような仕組みは学習意欲の向上に役立つでしょう。

4.セキュリティに不安がないか

eラーニングでは、外部に知られたくない事業内容や、スタッフの個人情報を扱う場合も多いため、セキュリティ面に配慮する必要があります。セキュリティ管理がどのようにされているのかを確認し、安全に運用するように心がけましょう。

shouinはすべてを兼ね揃えた動画学習サービス

動画マニュアルに特化した人材育成ツール「shouin」は、上記の4つのポイントをすべて備えたサービスです。
3ステップで動画のアップロードから字幕まで簡単に設定でき、チェックリストによってスタッフの学習状況を把握、誰がどのくらいの能力を持っているのかを可視化します。重要なポイントはクイズで振り返る機能があり、正答率も確認可能です。

また、閲覧状況や利用率、店舗分析、スタッフ分析など、さまざまなデータを活用することで経営にも役立ちます。セキュリティ面も暗号化通信や端末認証が施されており、障害時でもサービスの継続利用が可能なeラーニングサービスです。

まとめ

eラーニングを導入すると、時間や場所に縛られない人材育成が可能になります。個々の能力に合わせた学習と進捗管理ができ、人件費や研修場所などのさまざまな育成コストを削減することもできます。

eラーニングサービスを選ぶ際には、動画作成サポートや分析機能、学習意欲向上につながる仕組み、セキュリティを重視しましょう。eラーニングのメリットを最大限に活かすためにも、これらを兼ねそえたサービスを導入し、効果的な運用を目指してください。

「shouin」のさまざまな機能をもっと知りたくなった方はこちら からお問い合わせください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。