Skip to content

研修の種類と効果的な運用方法を解説!便利なツールも紹介

※画像はイメージです

新入社員として働き始めたとき、また昇進してリーダーやマネージャーとして職務を任されたとき、多くの場合は研修やトレーニングがおこなわれ、その研修を通し能力開発や知識・技術アップを図ります。
では、どのような研修があるのか、もっとも効果を発揮する研修方法は何か、と聞かれたら答えられるでしょうか。

職場にはさまざまな立場の人がいるので、そのニーズにマッチした研修をおこなうことが非常に重要です。適切な内容の研修をおこなうことで、その効果はより確実で効果的に表れます。

今回はさまざまな研修の種類および研修の効果的な運用方法について紹介します。

社員研修の種類

研修の種類は多岐にわたります。今回は、代表的なものを紹介します。

社内でおこなわれる職場内研修OJT(On-the-Job Training)をポジション別に説明し、さらに社外でおこなわれる職場外研修Off-JT(Off-the-Job Training)についても触れていきます。

OJT①新人向けの研修

新入社員を対象に社会人としての自覚・意識をもたせるため研修をおこないます。社会人としての基礎を学ぶ重要な位置づけです。

マナー研修

おもに、ビジネスにおける礼儀作法や言葉遣いについての研修です。

・名刺交換の方法
・挨拶の仕方、お辞儀の角度
・敬語の使い方

仕事をする上で、すべての基礎となります。社会人として正しいふるまいができることは、その社員を雇用した企業の信頼にも直結するので、多くの企業で取り入れられている研修です。

コミュニケーション研修

仕事の場においてコミュニケーションは必須スキルです。家族や友達とは異なったコミュニケーションを求められる場面があるので、入社して早めのうちに研修をする企業が多くみられます。

・報連相(報告・連絡・相談)の重要性、実施する際の注意点
・報連相のロールプレイングやワークショップ
・話し方や聞き方、質問の仕方

上司や同僚と円滑に仕事をすすめていくためには、欠かせないスキルです。研修の方法はさまざまで、受動的な座学から能動的なロールプレイングまで幅広く実施されているでしょう。

OJT②若手向けの研修

おもに、入社2年目から3年目の社員を対象とした研修をさします。この時期のワーカーは少しずつ仕事ができるようになってきていますが、一人前になるため学んでいる段階です。

キャリア研修

「何のために働くのか」や「仕事を通して何を実現したいのか」などの働く上での軸をみつけるための研修です。呼び方はさまざまで、キャリアデザインやキャリアマネジメントという研修名で実施されることもあるでしょう。

・自身の目指す方向性を明確にする
・現時点の自身の能力を把握する
・目標や夢を実現する方法を考え、実現に必要な知識や技術を身につける

この研修では、これまでの自分とこれからの自分について深く考えることに重きがおかれます。自分と向き合い、キャリアの方向性や自身の能力を把握し、モチベーションを維持することもできるでしょう。

そして高い生産性を維持しながら結果を残し、会社にとっても大きな戦力になっていきます。

問題解決能力研修

文字通り問題を解決する能力を養い、高めるための研修です。

・現場の状況やニーズから課題や問題を抽出する課題抽出力
・論理的思考などを用いて原因を特定し、解決案を出す解決策構築力
・周囲とコミュニケーションを取りながら、組織として解決策を実施する実行力

社会人として、問題に直面することは避けられません。

重要なのは、トラブルが起こったときの対処法です。今後、後輩が増えていく中で、先輩社会人としてこの時期に学んでおくのがベストでしょう。

OJT③中堅向けの研修

中堅社員とは、基本的には4年目以降の社員を指すのが一般的です。チームやプロジェクトの主力として、重要な任務を任される機会が増えます。新人指導をしたり、現場と管理職の中間としての働きも求められます。

フォロワーシップ研修

フォロワーシップとは、組織のリーダー補佐という意味です。リーダーの指示を遂行すると同時に指示に誤りがないか確認し、誤りがあれば指摘や提案をするという作業も含まれます。

・サポート業務のノウハウ
・リーダー業務の把握
・現場と管理職の懸け橋になるポイントやコツ

このポジションになると、周囲に与える影響も大きくなります。
サポート業務について研修をおこない理解を深めておくことは、将来リーダーや管理職といったポジションに就いたとき、スムーズな業務の遂行・理解に繋がっていくでしょう。

トレーナー研修

新人教育のため、トレーナーを育成する研修です。自分が当たり前におこなっている作業も新人にとっては未知のものです。人に指導するとなると、なかなか難しいものですから、きちんと研修をしておく必要があります。

・トレーナーとしての心構え
・指導内容の把握、指導スキル
・育成の意味や価値

トレーナーの指導力や仕事への姿勢は、新人社員の仕事への理解やクオリティ、また取り組み姿勢に大きな影響を与えます。

OJT④管理職向けの研修

管理職とは現場で社員をまとめ、組織を運営する立場のことです。
管理職に求められるのは文字通り管理能力です。高いモチベーションを保ちながら、業務を成功に導くこと、また指導と育成にも責任を負います。

リーダーシップ研修

リーダーシップという言葉をよく耳にしますが、始めからその能力をもっている人は多くありません。心構えから、実践的なリーダーとしてのあり方まで研修を通して学びます。

・リーダーとしての責任感や当事者意識をもつ
・行動指針やリーダーとしてのあり方
・生産性が高い組織の高め方

組織運営に責任をもち、組織を動かしていく管理職は、重要な仕事であるがゆえ、プレッシャーも非常に大きくなりがちです。

しかし、きちんと研修をおこなうことで企業が求めているリーダー像を把握し、何をすべきか明確となり、自信をもって働くことが可能となります。

マネジメント研修

スケジュールや作業フローなどのハード面から、各個人の悩み事などソフト面まで、内容は多岐にわたりますが、全体をみながらマネジメントをしていく必要があります。

・管理職の役割・理解
・チームやプロジェクトのスケジュール管理
・個々の社員の人材管理

「マネジメントとは何か」「具体的にどのようにマネジメントしたらいいのか」という問いに対して明確に答えられるよう、研修していく必要があります。

研修後も自己学習し続けるのが望ましいでしょう。

Off-JT

Off-JT(Off-the-Job Training)とは職場外研修のことをさします。職場外にも多様な研修があり、新人社会人向けのものから管理職向けものまで多岐にわたります。
エンジニアやコンサルタント、医療や教育など専門的な分野の研修も多く実施されているようです。

多くはオンライン上で簡単に申し込むことができ、社内では学べないことが学べるチャンスや新しい人との出会いもあります。学んだことを自身のキャリアや業務に活かせますので、価値のある研修となるでしょう。

社員研修の効果的な運用方法

※画像はイメージです

さまざまな研修を効果的に運用するための方法を3つ紹介します。
研修の前段階から研修後のフォローまで、工夫次第で効果を最大限まで引き上げることが可能となります。

適した研修を提供

ワーカーの経験やスキル、希望・ニーズに沿った研修を提供することがもっとも重要です。経験年数による研修の実施は、分かりやすい指標となりおすすめです。

また日頃から、下記などをヒアリングすることによって、その社員に適した研修を提供することが可能となるでしょう。

・何に興味があるか
・何にチャレンジしてみたいか
・業務や社会人として困っていることはないか

インプットとアウトプット

研修の内容は、大きく分けると以下のように分けられます。

・知識を学ぶ
・技術を学ぶ
・モチベーションや意識を高めるための方法
・問題や課題を解決する力

知識を学ぶだけで終わってしまうと実践力とはならず、残念ながらあまり意味はありません。
そうならないように、ロールプレイングや実戦練習などをおこない、経験を積み、確実に自分のものにできるような運用方法がベストでしょう。

研修後のフォロー

今後、業務内で活用するところまで視野を広げてフォローをしていきたいものです。研修の効果を最大限にするにはいくつかの方法があります。

・研修内容について、レポートを書く
・定期的に簡単なチェックやテスト、カウンセリングをする
・研修内容を実際の業務に活かすには、というテーマでディスカッション

研修内容によってさまざまな方法が考えられますが、研修後のフォローをおこなうことで、研修内容の定着を図ることができます。

企業にとっても満足できる結果となるでしょう。

コストを削減し生産性を上げるポイント

※画像はイメージです

研修にかかるコストには、講師の人件費、準備までに携わる人の人件費、教材などの備品代などがあります。
もし社外で実施するとなると、さらに交通費や会場費も追加されます。では、コストを削減するためには、どのような方法があるのでしょうか。

現状の見直し

社内では多くの研修がおこなわれていることでしょう。「必要性はあまり感じないが、伝統的にやっている研修」「とりあえずやっている研修」はありませんか。

必要な研修は引き続きおこないつつ、もし必要性のない研修や程度が低いと感じる研修があれば、見直すこともできます。その研修を思い切ってやめてみたり、また一部の内容を変更・改善したりすることで、コストと無駄な時間の削減に繋がります。

講師派遣型研修の活用

外部からの講師派遣サービスを利用する方法です。既存の研修にかかっている費用と、外部サービスの1人あたりの値段を比べると、講師派遣のほうがコストを抑えられる場合があります。

講師派遣のサービスを提供している会社は多々あり、値段はさまざまです。内容と値段を吟味して、必要に応じて活用するようにしましょう。

eラーニングの活用

eラーニングとは、近年普及してきたオンライン上の研修です。

大きな特徴はパソコンがあればできるという点です。一度導入したら、その後講師などの人件費がかかることはありません。大人数で使うほど1人あたりのコストは下がり、コストパフォーマンスもよいでしょう。

また誰がどこまで研修をすすめているかもデータとしてはっきりとわかるため、管理も楽になります。
通常の研修とeラーニングを併用するという方法もありますので、活用の仕方は無限大です。

まとめ

多くの企業でおこなわれている研修ですが、内容はそれぞれの企業が掲げる理想や課題によって大きく変わってくるでしょう。

企業側の求める像と、研修対象者の課題やニーズを意識・把握して、研修のゴール設定をすることが重要です。また適切な時期におこなうことにより、効果は最大限となり、社会人として高いモチベーションを保ちながら、次のステップに挑戦することもできます。

社内での研修、社外での研修、社内からのトレーナー、社外からのトレーナー、近年は枠にとらわれないさまざまな研修が存在します。

研修目標や内容、コストなどを吟味して、充実した生産性のある研修を提供していきましょう。

「shouin」のさまざまな機能をもっと知りたくなった方はこちら からお問い合わせください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。