Skip to content

新人研修のベストな期間はどれくらい?短期間で成果をあげる5つのサービス

※画像はイメージです

近年、さまざまなスタイルをもつ企業が存在するようになり、新人研修も多種多様化してきました。研修期間ももちろんのこと、それぞれの企業や職種で異なります。そのため、新人研修に適した期間の比較検討が困難になってきています。

しかし、新人研修の平均的な期間などをさまざまな要素から探ることで、比較検討や問題点も明らかにすることができます。

問題点を解消すべく、今後主流となってくる研修方法と5つのサービスについて紹介します。

新人研修が実施される平均的な期間は?

新人研修の期間は、短すぎても長すぎても期待する結果が得られなければ意味がありません。新入社員が、無理なく飽きずに習得できる期間を設けることが重要でしょう。

では、実際に新人研修に適した期間はどれくらいなのか、多くの企業が実施している平均的な期間を参考に確認していきましょう。

新人研修の平均期間は約1か月~3か月程度

新人研修の内容や方法にもよりますが、短期間で終わるところであれば約2週間~1か月、ボリュームをもたせた研修であれば約1か月~3か月程度が一般的なようです。

平均期間にも少し幅はありますが、多くの企業がこの期間内に「社会人の心得・マナー」や部署ごとのOJT(On-the-Job Training)を含めた研修を実施しています。

半年間かけて新人研修をおこなう企業もあるようですが、さまざまな特性をもつ企業や職種があるため、新人研修の期間も異なってきます。しかし一般的には、技術系の職種であっても3か月以内で終わらせているようです。

このように、一般的な新人研修の期間は、OJTを含めて約1か月程度から長くても3か月までと考えてよいでしょう。

企業によって新人研修に費やす期間は異なる

独自の特性をもつ企業や職種では、それにともなう専門的な知識や技術が必要となります。新人研修においても、一般的な研修内容に独自の特性がプラスされることで、さらに研修期間が長くなる傾向があります。

たとえば銀行などでは、新人研修を一度に実施せずに、OJTを含めて段階的におこなうことが多いようです。そのため、平均3か月~4か月程度の期間が必要とされます。また、大企業は社員数の多さゆえに長期化する可能性もあるでしょう。

期間が長くなりすぎると、新入社員のモチベーションが下がることも予想されます。
そのため、各企業はそれぞれの期間に合わせて、研修に集中できるカリキュラムを用意する必要があるといえます。

OJTとOff-JTから考える新人研修の期間

ところで、先ほどからお伝えしているOJTとOff-JTという言葉をご存じでしょうか。

OJTは、職場内で仕事を進めながら実際に上司や先輩が指導します。対して、仕事の現場から離れてセミナーや研修などで知識や技術を習得することを、Off-JT(Off-the-Job Training)といいます。

新人研修に限らず、多くの企業が人材を育成するとき、OJTで終わるといったことが多いのではないでしょうか。実は、OJTとOff-JTを組み合わせた混合タイプの育成方法が、今後の主流と考えられているのです。

OJTとOff-JTの両方をうまく組み合わせることで、習得した知識や技術を実際の仕事に即反映させることが期待できます。

これにより、新人研修の期間も少なくできるかもしれません。

新人研修に適した期間はどれくらい?

新人研修にどれだけの期間を必要とするのかは、企業の規模や研修のボリュームによって異なります。そのため、比較検討しにくく、研修内容が増えることで費やす期間まで長くなるといった結果に陥りやすくなります。

新入社員が現場で実際に仕事を進めていけるようであれば、新人研修の期間は少ないほうが、企業にとっても新入社員にとってもよい結果となるでしょう。

新人研修の期間を少なく設定し、同じ研修内容をいかに期間内で習得させるかを考えることも必要かもしれません。そのためには、Off-JTのような外部サービスを組み合わせてみることも選択の一つでしょう。

短期間で研修効果をあげる5つのサービス

※画像はイメージです

短期間で効率よく新人研修をおこなうには、習得させる目的にそった形式を考える必要があります。

実際に業務を進めながらおこなうOJTは、新入社員のレベルや習得状況などにより、効率的に進まない可能性もあります。しかし、OJT以外の部分では、効率的な研修を期待できるサービスが存在します。

ここでは5つのサービスにしぼって、どのように効率化が図れるのか確認していきましょう。

講師派遣(出張研修)

講師派遣は、講師を社内に招いて研修をおこなうサービスです。さまざまな分野での研修内容が用意されていることが多く、社内固有の施策を盛り込むことも可能です。

要望に沿って研修カリキュラムを作成し、自社の新人研修を部分的、またはすべての研修を派遣された講師によって実施します。

カリキュラムに沿ってカスタマイズされた研修を社内で実施できるため、研修後すぐにでもOJT研修に移行できるといった効率化が期待できます。

社外セミナー

社外セミナーは、新人研修のために用意されている研修の中から、必要なものを受講できるサービスです。一般的なビジネス知識を習得するものや、職種による強化セミナーなどがあります。

新人研修の一環として社外セミナーを利用できれば、一般的に必要なビジネススキルを覚えることが可能です。

ワークショップ

ワークショップは、グループで意見を出し合いながら課題に取り組み、かつ共同作業の場を提供する体験型研修サービスです。近年は、新人研修でも多く取り上げられています。

セミナーとは違い、実際に新入社員同士がコミュニケーションをとりながら作業を進めるので、人材育成としての効果が出やすいものといえるでしょう。

通信教育(eラーニング)

通信教育は、インターネットなどの通信手段を使って教育するサービスです。
新人研修の期間が短く、一度聞いただけでは覚えられないことでも、通信教育を使うことで何度でも学習することができます。

継続的にスキルを効率よく身につけるためにも、通信教育は必要不可欠といえるでしょう。

動画配信(ライブ配信)

動画配信は、セミナーや社内広報などのように、その場にいなくても配信された動画をみることができるサービスです。

新人研修ではセミナーなどもよく使われますが、動画配信されることで、時間帯や場所を気にせずに受講することが可能です。通信教育同様、新人研修であれば期間短縮に貢献してくれそうなサービスですね。

サービスを利用する際の注意点

※画像はイメージです

新人研修にサービスを導入する際、いくつかのポイントや注意点があります。
研修を効率よくスムーズにおこなうためにも、的確に希望するサービス導入を検討する必要があります。

研修内容やスケジュールを確定しておく

まず、研修目的や内容を確定することが必要です。どのようなサービスを使うにせよ、企業理念や経営方針などを新入社員に理解してもらわなくては意味がありません。形だけの研修にならないよう、中身の充実を図ることが大切です。

また、新人研修をどのような期間とスパンでおこなうのかを決定し、そのスケジュールに合わせてサービスを依頼しましょう。新入社員がスムーズに研修できるよう、スケジュールを調整することも必要です。

新人研修の目的に適したサービスを利用する

研修内容に知識や技術をともなうものは、外部セミナーなどを使って集中して習得させることができます。また、マニュアルなどは動画配信などを使ってわかりやすく覚えることも可能です。

このように、研修の目的に適したサービスを選ぶことが、新人研修の効率化につながります。

カリキュラムやフォロー体制を確認する

サービスを依頼する上で、カリキュラムやフォロー体制は気になるところです。実際に研修を受講した新入社員がどこまで理解しているか、質疑応答などのフォロー体制ができているか、など内容をしっかり確認できるシステムが必要でしょう。

まとめ

新人研修は、一般的に入社後1か月~3か月程度の期間で実施されています。その期間がベストかどうかは新入社員の育成目的や理念によっても異なりますが、形だけの新人研修では意味がありません。

将来的に、自社の戦力となる新入社員の育成です。
研修後に、実践で活躍できるようになるためにも、OJT・Off-JTによる混合形式はおすすめです。

効率よく、また研修を楽しめるよう、eラーニングやセミナーなどもうまく活用することで、短期間で充実した新人研修を実施することができるでしょう。

「shouin」のさまざまな機能をもっと知りたくなった方はこちら からお問い合わせください

Categories

新人育成

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。